可能であれば元旦に届けたいものです。けれど、年末が近いと多数の方が年賀状を出すために元旦に届かない場合がよくあります。年の始めに挨拶したいため元旦に着いてほしいなら、投函するのは12月25日までにするよう気をつけてください。そうすれば、元旦の一日の間に渡りますから大丈夫です。面倒をかけた会社関係の相手に年賀状を渡すなら、挨拶の後に忘れずに一年間の御礼の言葉を加えるようにしましょう。それに加えて、これからの一年続いてお世話になりますからお願いしますの言葉を入れてください。終わりに相手の幸せを願う言葉を加えると、丁重で相手の印象も良いです。挨拶を完璧に決めるといいものですよ。年賀状を作成するなら使ってはいけない言葉が何個かあるのです。年明けというおめでたい時に出すはがきですから、何の言葉にするかは気をつけなければなりません。去年というせりふは使いやすいですが、去には去るという意味があり良いとはいえません。昨年という言葉に書きなおすなどして、年長者に宛てるのなら、いっそうどの言葉にするかちゃんと考えてからにしましょう。
http://xn--ecklkmi44alac8a2bbdb9i4515fb9na6h3i.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です