感謝を形にするためにお月見が始められ、農家ではかなり前からこういった行事が継がれています。お月様に感謝するのは、収穫が昼では終わらず、月明かりがあるおかげで困ることなく収穫が済ませられたからです。昔は電気の存在がなく、農家にとって月の存在はかなりの救いになったのでしょう。すすきを入手してお月見に供える人は少なくないですが、すすきは神様を迎える稲穂の代替で使われます。それとは別に、すすきは邪気を避ける力があると言われていますから、お月見となってすすきを出しておくと、この先一年たつまで病気なしで生きていくことがかないますから、すすきを置いて家族みんなの健康をお願いするといいですよ。お月見の日になると、月の向こうにうさぎが住んでいておもちつきしている話を子供の頃に教わった方は多いです。現実に月を眺めた時に、影の形を見ているとなんだかうさぎの感じがします。うさぎがおもちをついていると思うのは日本だけで、外国ではカニに女性、おばあちゃんなど、ぜんぜん違う感じに月の影の形を例えていますから不思議です。
育毛剤 女性におすすめランキング<薄毛悩みに効果あり!>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です