渋滞をなるべく会わずにすませたいなら最も左の車線を選択することがおすすめです。
通常ならば追い越しができないところのため一番使わない車線ですが、車がいくつも右側に行きますからいつもなら一番流れが遅い左側なのに渋滞の場合はもっとも早く流れることがありがちです。
大型車やバスの後につくと視界の邪魔となりますし、進みが遅いので好きでない方は多いですが、渋滞のケースは大きな車に従ったほうが一番早い車線を発見できます。
大きな車は大きいゆえに運転席も高いところにあるため、渋滞の始まりを見極めることができるのです。
早い車線がわかれば、他の車を置いて前に行けることが多いですから渋滞から逃れられます。
渋滞にはまるとイライラしてしまい、前の車との間を縮めてしまう方が多いです。
けれど、無駄に前の車との間が詰まれば渋滞を引き起こす原因となりますし、何度もブレーキを踏むために燃費も良くありません。
前に来られたくなくて可能な限り車間距離を縮めたい方は多いですが、事故を起こさないために車間距離はしっかり確保して安全に進みましょう。

http://www.usharealty.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です